MountainFilm on tour | 白馬五竜スキー場で夜の映画祭

先日、秋のスキー場で映画祭が開催されました。

普段は映画館がない白馬で、

アメリカ発日本初上陸の映画祭の開催、しかも屋外での上映ということで

とても楽しみにしていたイベントでした!

 

Mountainfilm on Tour

”Mountainfilm” は、1979年にアメリカで始まった歴史ある映画祭です。

今回は、エイブル白馬五竜の特設会場になんと、日本初上陸!

アウトドアが盛んな白馬らしいショートフィルムの上映が行われました。

くわしくはこちら(五竜イベントページ)。

 

○関連記事○

<初夏>五竜植物園OPEN!ヒマラヤの青いケシ

<冬>白馬五竜スキー場

 

 

インフォメーション

場所

エイブル白馬五竜 とおみゲレンデ特設会場

 

時間

16:00~:ライブ、ライブペイント、トークショー開始

18:00~:フィルムフェス開場(予告編などを流す)

18:30~:上映開始

20:00~:15分 インターミッション

21:00~:終了

 

料金

当日チケット 1,500円、前売チケット 1,200円、大北エリアチケット 1,000円 ※12歳以下無料

 

チケット

 

こちらが映画祭のチケット。

ローカル券の大北エリアチケットを1000円でゲットしましたー!

 

エントランス

 

いよいよ会場へ。

18時ごろにはもう日が暮れていて、ムーディな感じです。

わくわく!

 

ドリンク出店

 

会場の中心には大きなテントが立っており、

村内の飲食店が出店していました。

装飾がすごくかわいい!

 

カフェでは、ペンギンカフェやサトルコーヒーが出店しており、

さまざまなドリンクが楽しめました。

サトルコーヒーの記事はこちら。

 

また、そのほかにも数種類の地ビールが飲める、

Hakuba Tap room」の出店もありました!

 

ハンバーガー屋台

 

また、フードでは村内のハンバーガー屋2店舗などが出ており、

小腹の減った人たちが並んで、ハンバーガーやポテトなどを買い求めていました。

 

もちろん、私も「Tracks Burger」のハンバーガーを味わいました!

パテがジューシーでおいしかったので、

今度お店の方にも行ってみたいと思います。

 

スクリーン

 

いよいよ上映が始まりそうです。

会場は、白馬五竜とおみゲレンデ(エスカルプラザ前)に

巨大スクリーンが特設されていました。

 

ヒマラヤ風のフラッグがおしゃれでいい感じです!

 

会場

 

今回はアメリカ発祥の映画祭らしく、

会場全体は海外のようなおしゃれな雰囲気。

 

スキー場の斜面の芝生に、好きな場所に座ってスクリーンを見れます。

みなさん、敷物や椅子など、自由に持ち込んできています。

(私も毛布を持ってきていました!)

 

上映始まります

 

いよいよ上映が始まります。

 

この日は、本国の映画祭から厳選されたショートフィルムが12作品上映されました。

作品のテーマは、マウンテンバイク・スキー・スノーボード・クライミングなど、

白馬にいる人なら身近なスポーツばかり。

 

数分程度のただひたすらにカッコイイ映像作品から、

30分弱の感動的なストーリー性のあるドキュメンタリー作品まで、

バラエティに富んだ作品が上映されました。

 

なかでも面白かった作品を、少しご紹介します。

 

●RJ Ripper英語サイトはこちら

ネパールの小さな町で育ち、自分でマウンテンバイクを溶接して作り上げ、

今ではネパール一のライダーになった少年の話。

 

もし機会があれば、ぜひ見てみてくださいね!

 

会場

 

上映中の様子はこんな感じでした。

スクリーンの裏からも見ることができました。

 

写真展

 

会場では、山やスキーなどの写真を撮るフォトグラファーの作品が展示されていました。

地元出身で活躍されている方もいらっしゃるみたいです。

 

GORYU

 

五竜での夜の映画祭、Mountainfilm on Tour。

海外のようなおしゃれな雰囲気で、エキサイティングな映画を楽しめました!

 

ここ白馬には映画館がないので、いい気分転換になりました!!

また来年もあるといいな〜。

 

1件のコメント

  1. […] MountainFilm on tour|白馬五竜スキー場で夜の映画祭 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です