【白馬三山縦走】白馬鑓温泉小屋で温泉三昧!

徒歩でしか行けない山の温泉、白馬鑓温泉に行ってきました!

標高2100m地点での露天風呂。

温泉に浸かりながら見る朝焼けは最高でした。

 

FH020035

猿倉〜白馬鑓温泉までのレポート、前回の記事はこちらです。

 

猿倉の駐車場から標準コースタイムで5時間、標高差は850mの行程です。

小屋泊まりとはいえ、2泊分の荷物と食材を持っての登りは結構辛くて、到着するころには疲労困憊、汗だくです。

 

白馬鑓温泉小屋

FH020038

こちらが白馬鑓温泉小屋の建物。山に沿うようにして建てられている、この立地はすごい!

 

手前の建物がお手洗いです。

食堂、宿泊棟から少し階段を下りたところにあります。

 

室内

鑓温泉小屋の中

グリーンシーズンのみの営業で、冬期は雪崩多発地帯のため丸ごと取り壊してしまうようです。

ベニヤ・トタン作りの簡素な建物ですが、建物内は広く、清潔感は十分あります。

 

露天風呂

露天風呂

露天風呂!

こちらは19時〜20時の時間を除き、終日混浴です。

偶然この時は人がいませんが、夕食前後は常に人がいるほど人気です。

みんなこれを目当てで来てますからね、当たり前です。

わたしも外湯2回、内湯2回ほど入りました。

 

FH020021

目前には山と白馬村、のはずがガスってて見えません。

こんな景色を見ながら温泉に入れるなんて、本当に最高ですーーー!

 

FH020027

 

真下がテン場と登山道になっていて、温泉が丸見えですがみんな気にせず入ってました。

女性も水着着用でのんびり。

売店で購入したビールを飲んでゆるゆるした夕刻を過ごすグループもいました。

夕方、夜、朝と景色が違うので沢山入りにきてしまいますね。

外は寒いけど、お湯に浸かっていると寒くない。・・・ずっと居れます。

 

食事

夕食

夕食は甘めのハヤシライスです。こちらはお代わり自由でうれしいですねー。

メンチカツとカキフライ、お味噌汁と缶詰フルーツが付きます。

正直あんまり期待していなかったのですが、お米がしっかりおいしく炊けていてありがたかったです。

ちなみに、自炊室はなかったので外でおこなう必要があるみたいです。

寒すぎて湯上がり後にはつらい・・・。

 

朝食

朝食はワンプレートおかずとごはん、お味噌汁。白馬館グループのかっこいい海苔付き。

おかずは至って普通ですが、夕食同様にお米がおいしい。

いつものごはんが山の上でも食べられるということ、それだけでとてもありがたいことです。

 

星空

月ができました

 

夕食が終わって、部屋でだらだらしてから外に出ると、裏の山際に三日月が出てました。

まだほんのり明るいです。

 

星空見えました

 

満天の星空!

夜、足湯をしながら空を見上げると天の川が見えました。

常連客のおじさんが星空解説をしてくれて、楽しい夜を過ごしました。

こんな星空見たことない、てくらいのすごい星の数でした。

 

夜更けの妙高方面

 

小屋と温泉を背にして目前には、妙高山、雨飾山、黒姫山などなど新潟方面の山々。

写真に撮るとより明るく見えるので、輪郭がはっきり。

画面中央の星の集合体は「すばる(プレアデス星団)」という星団。

 

肉眼でふつう見えるのは6個ですが、眼が良い人なら7個見えるので、眼の良さをはかる星として有名らしいです。

 

朝焼け

朝焼け

 

翌朝、朝焼けを温泉で待ちます。この時、6:02であたりはもうほのかに明るいです。

じわじわと昇ってくる太陽!

こちらは、デジタルカメラ(Canon G16)で撮影しました。

 

購入して4年程たちますが、機能が多すぎて全然使いこなせていません!

一眼レフほどではないですが、かなりの高スペックカメラのはずなんです、、

 

FH020033

 

太陽のキラーンが素敵。

こちらは、フィルムカメラ(Rollei 35)で撮影しました。

 

マニュアルのフィルムカメラですが、操作がシンプルなので意外と簡単です。

ほぼ同じ時間でも、ピクセルと粒子だとこうも色の出方が違うなんて面白いですね。

 

FH020029

 

あたりがうすピンク色になって来ました。

すこーしガスがかかっていますが、いい天気になりそう。

 

FH020035

 

以上、温泉から日の出のシーンをお届けしました。

桶と手ぬぐいが良い逆光。

 

今回お世話になった山小屋は、白馬鑓温泉小屋でした。

次回は、白馬三山縦走2日目をお届けしますー。

 

この記事の続き・関連記事は下記からご覧いただけます!

▼猿倉~白馬鑓温泉小屋編

▼白馬鑓ヶ岳~白馬山荘編

▼白馬山荘~大雪渓~猿倉編

 

 

4件のコメント

  1. […] 猿倉〜白馬鑓温泉までのレポート、白馬鑓温泉小屋のレポートも合わせてごらんください。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です