道の駅中条|信州の郷土料理を気軽に食べる

先日ご紹介した道の駅中条の食事処に行って来ました。

 

この道の駅は野菜や加工食品も充実していますが、

食事処のメニューに気になるものがあり、

今回はお昼時を狙って行ってみました。

前回の記事はこちらのをご覧ください

 

気軽に信州の郷土料理が楽しめて、どれも美味しいです!

 

インフォメーション

住所:〒381-3205 長野県長野市中条住良木1704

電話番号:026-267-2188

 

営業時間

売店 9:00~18:30

食堂 10:00~18:00 ※ラストオーダー 17:30

 

公式サイトはこちら

(スタッフの方がマメにブログを更新されているので、そちらもチェックしてみてください!)

 

レストラン

道の駅中条

 

食事処のメニューはこちら。

信州と言えば!のお蕎麦をはじめとして、

郷土料理「おぶっこ」や「山賊焼」もあります。

 

どれにしようかな・・・

 

レストラン

 

入り口で食券を購入し、

店内のカウンターに出します。

 

店内は106席と十分に広く、

家族連れでも安心の広めのテーブル席が多数あります。

 

サクッと食事をするドライバーさんをはじめ、

小さな子供連れやグループ客もいて、平日にもかかわらず、

店内はかなり賑わっていました。

 

山賊焼定食

山賊焼定食

 

まずこちらが「山賊焼定食」。

中信地方(塩尻市・松本市など)の郷土料理ですが、

白馬や長野市でも人気があり、様々なお店で食べることができます。

 

「山賊焼」とは、

鶏もも肉をすりおろした生姜・ニンニク・玉ねぎ等の効いた醤油ダレに漬け込み、

片栗粉をつけて揚げた料理です。

 

ジューシーで食べ応えがあり、

がっつり食べたいときにオススメ!

 

山賊焼

 

私が今まで食べたことのある山賊焼は、

大きな一枚肉のことが多かったのですが、

こちらは唐揚げくらいのサイズ感。

 

女性でも食べやすくていいなと思いました。

そしてこの大きさなら、家庭でもトライできそう!

 

おぶっこ御膳

おぶっこ御膳

 

そしてこちらが、「おぶっこ御膳」。

 

「おぶっこ」とは、

西山地区と言われる、長野市西部(信州新町・中条)では、

季節の野菜をなんでも入れる味噌煮込みです。

 

なんでも入れる=「ぶっこむ」ことから、

この名前がつき、「おぶっこみ」と言われることもあるそうです。

 

寒くて雪が多く降る土地では、

お米よりも小麦の栽培に向いており、

昔からおやきのように小麦粉を使った料理が多く食べられてきたそうです。

 

 

きしめんのようなうどんが入っており、

山梨の「ほうとう」に近い郷土料理です。

 

おぶっこ

 

こちらがおぶっこの麺。

きしめんよりも、厚みがあり、もちもちとしています。

ほうとうよりは、ツルツルとして喉越しがいいかな、という感じです。

(あくまで個人的感想です。)

 

気になる具材は、

大きめにカットされた人参、大根、かぼちゃ、ねぎ、ちくわ、

高野豆腐、油揚げです。

 

信州味噌の味付けが食欲をそそり、

食べるとほっこり温まります。

 

辛い調味料

 

この「おぶっこ御膳」についてきた、こちら。

 

食堂のおばちゃんに聞くと、

「かなり辛い。ちょっと入れるといいよ」とのこと。

 

青唐辛子と赤唐辛子の味噌和えっぽい感じで、

言われた通りかなり辛かったです。

味変用の調味料としては最高でした。

 

エリンギラーメン

 

今回は、「山賊焼」と「おぶっこ」をいただきましたが、

平日14時以降の限定メニュー「エリンギメンマラーメン」が気になるので、

また行ってみたいと思います〜!!

 

4件のコメント

  1. […] 道の駅中条|信州の郷土料理を気軽に食べる […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です