【紅葉トレッキング】栂池自然園〜白馬乗鞍岳

先週に引き続き、今週も台風の予報だったので山に行くのも諦めかけていましたが、

朝起きたら奇跡的に白馬三山がくっきり見えていたので、

急遽、栂池から上がって白馬乗鞍岳~白馬大池~小蓮華山を目指すことにしました。

 

小蓮華山というと少しマイナーな山かもしれませんが、

白馬三山の羨望が素晴らしいので、ずっと行ってみたいと思っていました。

 

それでは、早速レポートしたいと思います。

 

○過去の関連記事はこちら○

紅葉まっさかりの栂池自然園

高山植物が盛りだくさん!栂池自然園で週末ハイキング

 

アクセス

車で行く場合は、栂池高原スキー場の駐車場を目指します。

白馬駅・長野駅・小谷村からはバスも出ているので詳しくはこちらでご確認ください。

 

詳細

住所〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村栂池高原
電話番号0261-83-2515(栂池高原観光協会)
グリーンシーズン営業期間2018年6月1日(金)~10月31日(水)
営業時間(9/15~10/14の土・日・祝日)8:00~16:40(栂池ロープウェイ)
7:00~16:20(栂池ゴンドラリフト(上り線))
駐車場有料駐車場有り(日帰り500円)

営業時間はシーズンによって異なるので、詳しくは公式WEBサイトでご確認ください。

(公式WEBサイトはこちら)

 

料金

区間運賃往復:栂池ゴンドラ&栂池ロープウェイ
自然園入園料セット
片道:栂池ゴンドラ&栂池ロープウェイ
大人運賃3,600円1,920円
小児運賃2,050円1,050円

モンベルカードを提示すると、大人3,220円・小人1,820円になります。

栂池自然園入園料 
一般大人300円
一般小児250円

 

レポート

今日は山に行けると思っていなかったので起きたのは8時過ぎ、

栂池に到着したのは9時頃でした。

(こんな時、白馬に住んでいて良かったと思います!)

 

まずは、栂池ゴンドラリフト・栂池ロープウェイを乗り継いで栂池自然園を目指します。

全長は5,000メートル以上、乗車時間は25分です。

 

標高839メートルの栂池高原駅から、1,829メートルの自然園駅まで一気に高度を稼ぎます。

楽チンです。

 

ロープウェイから見えた景色。

青空に広がるアルプスの山々と紅葉した木々。

今日はいい日になりそうです!

 

ロープウェイ内には、登山装備の人たちだけではなく、

小さな子供づれの家族やご年配の夫婦、

ツアー客なども見受けられました。

幅広い年齢の方達が紅葉を楽しみに来ているんですね。

 

オオシラビソの木。

その辺りでは「栂(ツガ)の木」と呼ばれているそうで、

「栂池」の由来になっているそうです。

上の方には茶色い松ぼっくりのようなものがついていますが、

前に来た時は紫色でした!

 

ロープウェイを降りると、そこはもう栂池自然園。

中部山岳国立公園に指定されています。

標高1,829メートルなだけあって、結構肌寒いです。

 

栂池山荘と公衆トイレ棟の間に登山道入り口があります。

白馬大池山荘まで山小屋がないので、

登山装備の確認とお手洗いを済ませて行きましょう!

 

小石が転がる山道をしばらく歩くと、

栂池自然園のビジターセンターなどが見下ろせる場所にきます。

ちょっとガスがでできて、心配ですね。

 

ここからは、この季節に見られる植物と紅葉の様子を中心にレポートします。

 

沼地のようになった道端に、こんな植物を見つけました。

これは・・・

大きく育ちすぎた「水芭蕉」のようです。

お化けみたいでおもしろいですね。

 

ヤマハハコ

8〜9月の高山植物ですが、少し残っていました。

漢字で書くと「山母子」。

ドライフラワーのような白い花が可愛らしい印象です。

 

マイヅルソウの実

地面からひょこっと生える、

ルビーのような艶があって深い赤色が美しい実です。

マイヅルソウ(舞鶴草)は初夏に咲く白い小さな花ですが、

こんな綺麗な実をつけるなんて知らなかったです。

 

ナナカマド

赤い実が目を引く、秋の植物です。

漢字では「七竈」といって、

七回かまどに入れても燃えない程硬くて燃えにくい木材であることから

名付けられたそうです。

寒さにも強いので、雪の中でも赤い実を見つけることができ、

山では長く楽しめる植物ですね。

 

ナナカマドの木でしょうか。

青空に映える赤色が本当に美しく、

まさに紅葉シーズンの主役です。

 

黄色に紅葉する樹木もあります。

いろいろな紅葉が見られて楽しいです。

 

緑色の針葉樹もあります。

針葉樹のシラビソ、オオシラビソ、コメツガ、モミなどは、

広葉樹が落葉して、雪が降っても緑の葉が残ります。

また違う景気が楽しめますね。

 

紅葉を楽しみながら歩いていくと、

湿原の天狗原までやって来ました。

金色に草紅葉しています。

 

ここのあたりで、少し雲行きが怪しくなって来ました…。

 

木道を進んで行きます。

ガスっている先に、ほんの少し紅葉している斜面が見えますね。

早く稜線に出たい一心で先を急ぎます。

 

この斜面を上った先が乗鞍岳です。

大きな岩や石がゴロゴロとしています。

乗鞍岳は、白馬大池火山の一部で、

栂池自然園は、乗鞍岳の火山活動によってできた場所だそうです。

 

平らな山頂付近も大きな石がゴロゴロしており、

ハイマツ樹林が広がっています。

山頂は広く、方向感覚を失ってしまいそうです。

 

中央に建てられたケルン。

これが目印になります。

 

乗鞍岳頂上・2,536mです!

頂上に着いた時は、あたりは真っ白。

もしかしたら景色がいいのかもしれませんが・・・残念です。

 

台風が来ているこの日、だんだんと風が強くなって来ていて、

この先進むかどうか迷いましたが、

大粒の雨が降ってきたこともあり、この日はここまでにしました。

 

白馬大池を見たかったのですが、安全第一!

また天気のいい日に来ることにします。

 

ちなみに、白馬大池までは40分のコースタイム。

そのさきの白馬岳までは3時間30分のため、

白馬大池山荘で一泊して白馬岳へ向かい、猿倉へ下山するコースが人気です。

次はこのコースで白馬連峰を満喫したいと思っています!

 

縦走する際、マイカーの方は結構困りますよね。

白馬には登山用の代行サービスがあり、次回縦走する際には利用してみようと思っています。

詳しくはこちら(白馬安全代行)。

 

2件のコメント

  1. […] 紅葉トレッキング|栂池自然園〜白馬乗鞍岳 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です