白駒池|苔むす森と神秘的な池

今回は白駒池までのちょっぴりトレッキングをご紹介します!

 

距離もそれほどなく、ずっと平らな道を行けるので、

あまり山に行ったことがない人でも行けますよ〜!

 

アクセス

 

駐車場

 

麦草峠から、佐久穂町方面へ進むと駐車場が見えて来ます。

(麦草峠はこちらの記事で紹介しています)

 

こちらは有料で、1日500円です。

駐車スペースは200台ほどありますが、紅葉時などはかなり混雑するそうです。

 

 

レストルーム

 

お土産と簡単な登山情報が確認できる、総合案内施設がありました。

お手洗いは1回50円です(綺麗です)。

 

ここにはたくさんの人がいましたが、

トレッキングの格好の方はあまり多くなく、ほとんどが普段着の観光客のようでした。

 

入口

ここからスタート

 

トレッキングの入り口はこちら。

「白駒の池」と書かれた木の門をくぐります。

 

白駒の森

 

いきなり、針葉樹の森の中へ。

ここ北八ヶ岳の森にはたくさんの苔が生息しています。

その姿はまるで「もののけ姫」の森みたいです。

 

滑りやすい木道!

木道

 

入り口付近はしばらく木道が続きます。

本来なら整備されていて歩きやすいですが、雨が降ると滑りやすいので注意です。

 

この日は雨の分、苔が生き生きとしていて美しかったです。

緑が嘘みたいにきれい!!

 

案内看板

 

しばらく歩くと、案内看板が見えて来ました。

高見石小屋へ行く道との分岐です。

 

今回は、白駒の池の方を目指します。

駐車場からは、15分ほどの距離で池まで行けます。

 

白駒池

そろそろ

 

そろそろ池が見えて来ました。

木々の間からキラキラ光る水面が見えて来ました!

 

白駒池

 

白駒池に到着しました。

うーん、あいにくの曇り空ですが、

水面がすごく近くにあり、池の全体が見え、開放感があります。

 

白駒荘

 

池のほとりにある山小屋、白駒荘。

大正11年創業の歴史ある山小屋だそうで、

今は改装中のようです。

10月ごろから新装オープンするみたいです。

 

メニュー

 

オリジナルメニューが充実していて、どれもおいしそう!

 

自家製野菜のお料理もよさげですが、

ほおずきを使ったお菓子が有名のようです。

 

この時は何も食べませんでしたが、

次回はお茶だけでもしてみたいな〜!

 

ボート

 

少し晴れて来ました。

 

標高2100m以上の湖としては、日本最大の天然湖だそうです。

森の中にぽっかりとあいた池は、なんだか神秘的です。

 

ボート

 

白駒荘のほとりには、ボート乗り場があります。

 

晴れた日にはのんびりボートに乗ってみるのも、

いいかもしれませんね。

 

白駒池

 

苔むす針葉樹の森の間にぽっかりとある、神秘的な白駒池。

駐車場からも15分と近いので、

気軽に遊びに行って見てはいかがでしょうか。

 

次回は、白駒池から高見石小屋までのトレッキングルートをご紹介します!

おたのしみに〜

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です