白馬の春!山菜を味わいました。

春の旬といえば、

たけのこや春キャベツ、アスパラなどが思い浮かぶでしょうか。

もちろん野菜もおいしいのですが、

白馬村ではここ1ヶ月ほど、山菜のシーズンなんです。

 

 

山菜、食べたことありますか?

東京にいた時は、山菜はスーパーや八百屋でもあまり見かけることがなく、

食べ方もわからないし、馴染みの薄いものでした。

 

でも白馬に移住してからは、

当たり前のようにスーパーに並んでいるので(しかもその種類が多いのです!!)、

知り合った人たちに食べ方を教えてもらって、

少しずつ山菜のおいしさにハマっていきました。

 

いつか山菜採りに行ったり、おすそ分けしてもらえたらうれしいな〜と思っていたところ・・・

 

先日、白馬の知人から分けてもらいました!

 

それがこちら。

たらの芽(左)と山ウドの新芽(右)。

たらの芽

たらの芽は、ウコギ科タラノキ属のタラノキの新芽です。

木の枝はとげとげとしていて、ちょっと危険なので注意です。

 

付け根にハカマがついているので、ぐるっと剥いてから調理します。

アクは少ないので、調理前に洗って冷水にさらしておくだけで大丈夫です。

 

味わいは、ほのかな苦味と付け根の部分のもちもちとした食感が楽しめます。

おすすめ料理は、やっぱり天ぷら!

さっとゆでて、おひたしにするのもいいですね。

 

山ウド

山ウドは、たらの芽と同じくウコギ科タラノキ属ですが、多年草というところが違い。

高さ1メートル以上に大きく育ちます。

 

茎の部分のきんぴらや煮物が有名ですね。

大きな木になる前の数十センチのものを食すことが多いですが、

今回は、大きく育った木の先につく、新芽をいただきました。

 

山ウドの茎は比較的アクが強いのですが、

新芽はたらの芽と同じくさっと冷水にさらすだけで大丈夫でした。

 

いざ実食!

さっそく、天ぷらにしていただきました。

どちらもほろ苦くて、なんとも言えずおいしいです!

 

味付けは塩だけ。

ぱらりとふるだけで、味が引き立っておいしい。

春を感じながらいただきました。

 

 

近所の方に頂いたり、直売所で購入したり、

他にもこごみやふきのとうなど、色々と春の味を楽しんでいます。

 

 

山菜、味わってみてください

ご存知の通り、山に囲まれた白馬村。

春のこの時期には、山の幸・山菜がたくさん出てきて、

毎日食べても食べきれないほど。

山菜好きにはたまらない環境です。

 

白馬では道の駅や生協などで、新鮮な山菜が購入できます。

この時期は、飲食店でも山菜料理を出すところも多く、

蕎麦屋さんでは山菜天ぷらがいただけるところもあります。

 

長野に来たら、ぜひ、山菜を味わってみてくださいね!

 

○道の駅の記事はこちら○

道の駅白馬|お土産を買うならおすすめ!

道の駅中条|信州の郷土料理を気軽に食べる

道の駅小谷|工芸品や日本酒が勢ぞろい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です