夏の北尾根高原|アクティブ編

夏の北尾根高原の楽しみ方、

前回は<ゆったり編>として足湯やテラスをご紹介しました。

 

今回は少しアクティブな気分な時にオススメな、

北尾根高原散策ルートをご紹介します!

 

北尾根高原のリフトや営業時間などの情報は、

「夏の北尾根高原|ゆったり編」の記事にまとめています。

 

北尾根ネイチャーパーク

 

リフト1本10分で標高1200mまで到着。

リフトを降りたら、散策路入り口までまっすぐ歩いて来ます。

 

木で作られた「ネイチャーフラワー」の看板がかわいいですね!

散策路は大体1時間前後のコースです。

 

オオアカバナ

 

早速高山植物を発見!

6〜8月が花期の「オオアカバナ」。

小さめのお花がかわいらしいです。

 

コバキボウシ

 

多くの草木は花期をすぎていましたが、

「コバキボウシ」など、まだまだ綺麗なお花もありました。

 

お花エリアを過ぎて、しばらく行くと・・・

牛さん

 

なんと牛の大群が!!!

八方尾根スキー場では毎年夏恒例の光景だそうですが、

なんだか面白いしびっくりしました。

 

展望台へ

 

牛さんたちを横目に、展望台入り口の看板を見つけたので、

「こもれびの道」を歩いて行くことにします。

 

さあ、どんな絶景が見れるんでしょうか?

 

熊よけベル

 

「熊よけベルを鳴らしながらお進みください」

そう言われると、こわくなってたくさん鳴らしてしまいます。

 

この大自然なので色々な動物がいるのは当たり前です。

何があるかわかりませんから、こんな配慮があるのはありがたいです。

 

ちなみに、リフト降り場付近では携帯用の熊鈴を借りることができます。

(借りてこなかったことを少し後悔・・・)

 

夏!

 

夏!という感じの木漏れ日の中を歩いて行きます。

 

森の中で木の葉や土の道はありますが、

よく整備されているので歩きやすいです。

 

奥の方に山が・・・!

 

展望台
展望台

 

展望台に着きました!

ちょっとした上り台になっていて、

ベンチもあります。

 

展望台の景色
展望台の景色

 

展望台からの景色はこちら!

うーん、雲がかかっていて少し残念ですが、

白馬三山とその下を流れる松川が見えます。

手前のススキと相まっていい感じ(もはや秋です)。

 

晴れている時に来たら最高だろうなぁ〜

ここでコーヒーでも飲みたいくらいです。

 

ドライフラワーのような花
ドライフラワーのような花

 

名残惜しさを感じつつ、帰路へ。

なんだか秋色のドライフラワーのようなお花を見つけ、

秋がすぐそこまで来ていることを感じました。

 

木道
木道

 

途中、木道もありました。

とにかく歩きやすい!!

スニーカーなら全然余裕で歩けます。

 

虫

 

途中木に止まるキラキラの虫がいました。

カナブン?それともコガネムシかな?

 

木々

 

この辺りの木々はこんな風に根元が曲がっています。

なぜでしょうか?

 

豪雪地帯だけあって、雪の重みで曲がってしまうんだそうです。

重い雪を受け止めながらも成長する木々、すばらしいですね。

 

ツリーデッキ

 

ゴールとなるツリーデッキまで来ました。

一本の木(写真左側)を軸に作られたテラスは、もちろん大人も登ることができます。

 

登れます

 

結構高さがあり(5mくらい?)、意外と怖いです。

秘密基地のようで楽しいです。

 

足湯

 

散策の後は足湯でリラックス。

足湯については「夏の北尾根高原|ゆったり編」にまとめていますので、

ぜひこちらもご覧ください。

 

今年度は11月4日までオープンとのことなので、

夏が終わって秋が来て、冬に入るまでまだまだ楽しめそうですね!

 

高原散策に足湯に、北尾根高原へぜひ行ってみてください〜!

 

2件のコメント

  1. […] 「夏の北尾根高原|アクティブ編」についてもまとめているので、 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です