北アルプスの女王「燕岳」|アルプス入門編

いよいよお盆休み、明日は「山の日」です。

私も登山を計画していますが、天気の判断が難しいですよね。

 

今回は、北アルプスの女王と言われる、「燕岳(つばくろだけ)」について紹介します。

北アルプスで一番早く頂上に立てる山のひとつなので、アルプスデビューにもいいですよ。

(わたしも、初めてのアルプスは燕岳でした!)

 

この時は9月末でしたが、紅葉には少し早かったみたいでした。

今年はどうでしょうか。

 

中房温泉

 

登山口は中房(なかぶさ)温泉です。

場所は安曇野市で、最寄駅の穂高駅から車で1時間ほど。

乗合バスやタクシーもあります。

源泉掛け流しの宿とのことで、下山後に立ち寄りたいですね。

 

ここから「日本三大急登」なんて言われる、登りを4時間ほど行きます。

それほど急登ではない気がしましたが、とにかく暑かったです。

 

合戦小屋

 

4時間頑張って登ると、合戦小屋が見えてきます。

食事と休憩ができます。さっそく腰を下ろして休憩します。

 

すいか

 

この合戦小屋、夏季期間中はなんとスイカが食べられるんです!

疲れて暑い体に、うれしいですね。

さっそく1切れいただきます(半分に切ってもらいました)。

 

 

紅葉

 

合戦小屋からは稜線まで1時間半ほど。

後もう少し登り続けると、みごとな紅葉が見れました。

 

見えてきた

 

いよいよ見えてきた燕山荘。

そしてその先が燕岳です。

見えてからが遠い・・・。

 

燕山荘

 

燕山荘に到着!

ログハウス風でかわいらしいです。

収容650人の日本最大級の山小屋で、その立派な姿はほぼホテルのような感じ。

まずは受付を済ませます。

 

テント場

 

小屋の前がテン場になっていて、この時はまだ正午でしたが、

ぼちぼち埋まってきています。人気ですね〜

 

 

めがね岩

 

頂上付近はガスっていたので、ちょっとそこまで散策に。

めがねの形に見えるめがね岩。

ほかにも、いるか岩などが有名です。

 

売店

 

燕山荘のなかへ。

受付は売店になっていて、オリジナルグッズなどの商品がずらり。

どれも気になるな・・

結局ここでは私はバンダナハンカチとバッジを購入。

 

ケーキセット

 

まるで喫茶店のようなケーキセットをいただいたり、

お昼にはバターチキンカレーを食べたり。快適〜!

山小屋のなかについては、こちらの記事をご覧ください。

かなり感激して、お気に入りの山小屋なので、熱く語ってます。

 

夕食です

 

夕食時にはオーナーさんから山のお話があり、アルプホルンの演奏も聞けました。

この燕岳周辺は、風が強すぎて、冬でも雪がほぼ積もらないそうです。

 

赤く染まる

 

一夜明けて早朝。

朝焼けを見に、山小屋に泊まっていたみんなが外に出ています。

こんなに多くの人が!

真っ赤に染まった景色も素敵でした。

 

朝焼けの燕岳

 

朝焼けに染まる燕岳。

緑と紅葉の赤に、土の白。

そこに振りそそぐ、朝日がなんだか神々しくて、きれいです。

 

朝食

 

山小屋にもどり、朝食をいただきます。

たくさんのおかずと、お味噌汁がおちつく〜。

かなりの人数が宿泊していましたが、食事の味は◎でした。

 

稜線

 

荷物を山小屋にデポしておき、山頂まで行ってみます。

こちらは燕岳山頂から、北燕岳、餓鬼岳につづく稜線。

岩がゴツゴツしていてかっこいいですね!

 

 

燕山荘

 

反対側を振り向くと、燕山荘の姿が見えます。

うーん、大きい。そして立派です。

赤い屋根が、外国の山のような感じがしますね。

 

槍ヶ岳

 

帰り際に見えたのが!クッキリ槍ヶ岳。

いつか登ってみたいなぁ〜。と思いながら下山でした。

 

アルプス入門編の燕岳ですが、

常念岳や蝶ヶ岳、その先の槍ヶ岳への表銀座ルートの入り口となっている山でもあります。

ずっと稜線が続いている景色は最高に気持ちいいので、

ぜひ一度行ってみてくださいね〜!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です