【紅葉を楽しむ】秋の八方尾根|市町村民招待ウィーク

紅葉真っ盛りの10月の八方尾根。

春に開催されていた八方アルペンラインの市町村民招待ウィークが、

秋季シーズンも10月22日〜28日に開催されています。

白馬村・小谷村・大町市・松川村・池田町・糸魚川市に住民登録がある方は、

期間中は無料でゴンドラに乗れます。

 

○過去の関連記事はこちら○

Hakuba Valley村民無料招待ウィーク!

八方池まで週末ハイキング!

 

インフォメーション

住所長野県北安曇郡白馬村北城4258
電話番号 0261-72-2715
八方アルペンライン大人往復2,900円
駐車場あり(平日無料・休日600円)

2018年の秋季・市町村民招待ウィークは、10月22日〜28日。

ウェブサイトはこちら→八方尾根スキー場

 

MAP

八方尾根へ

今回は平日に行ってきました。

平日の駐車場は無料で利用できますが、ゴンドラに一番近いA駐車場は満車でした。

次に近いBとCは比較的空きが多かったです。

 

チケットセンターで免許証を提示して、チケットをもらいます。

(市町村民招待ウィークを利用する場合は、住所確認のできる身分証を忘れずに!)

 

ゴンドラリフト アダム


八方ゴンドラリフト「アダム」で8分。

ゴンドラから見えるこの辺りが、この時期一番綺麗でした。

色とりどりの木々が一面に広がっていて絶景です。

 

うさぎ平テラス

ゴンドラの終点、うさぎ平テラスに着きました。

この建物内には、村内唯一のスターバックスや、本格イタリアンレストランが食べられる軽井沢プリモが入っています。

詳しくは、こちら

 

この日はお弁当を持ってきていたので、

こちらのベンチでピクニックをすることにしました。

ベンチやテーブルがたくさんあるのでありがたいです。

 

コロナエスケープテラス

コロナエスケープテラス。

ソファでくつろぎながら、ビールや食事を楽しめます。

 

こちらのテラスからは、標高1400mからの絶景が楽しめます。

白馬村が一望できますね。

山麓や東山の方も赤く色づいているのが見えます。

 

ウッドデッキ

コロナエスケープテラスの他にも、ウッドデッキがあります。

 

ペアのチェアーが4組ほどあり、ここでも景色を見ながらくつろげます。

しばらくぼーっとするのもいいかも。

 

黒菱平へ

うさぎ平からさらにもう一本リフトに乗ると黒菱平に着きます。

ここには長野オリンピックのアルペン競技で使用した建物や天気が良ければ白馬三山を一望できます。

標高1,680mなので、かなり肌寒く感じます。

山麓はポカポカしていても、ここまで来るのなら防寒具が必要です!

 

晩秋の景色

散策路でナナカマドを発見しました。

全て葉っぱは落ちており、真っ赤な実だけが目立っていました。

 

春にはコバイケイソウが一面に広がっていた鎌池湿原も、

この時期には草紅葉で茶色になっています。

時期を変えて行くと、季節の移り変わりが楽しめます。

 

正面には白馬三山が見えるはずなんですが、この日は雲が多めで白馬鑓ヶ岳がちらっと見えている程度。

 

八方池山荘まで行く時間はなく、下山することに。

それでも十分に秋の八方尾根を満喫できます。

 

さいごに

この時期は、ここより上にはもう紅葉がなさそうなので、

紅葉を見に行くなら兎平付近まででも十分に楽しめます。

 

天気がいい日は、八方池まで行くのもいいかもしれません。

逆さアルプスを見るなら、午前中の早い時間が狙い目ですよ!(午後は雲が出てきます)

 

さらにその先の唐松岳は、この時期は山小屋がクローズしているので、

登山客も夏シーズンに比べて少ないのかもしれません。

 

八方尾根アルペンラインは10月28日で営業終了、

あとは雪を待つばかりになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です